2008年11月10日月曜日

意中の彼を誘惑する方法

基本的にはたいして好んで食べないのですが久しぶりにカップめんを昼に食べました。

塩っ辛いものもたまにはおいしいですね。

学生さんみたいにいつもいつもはやりすぎですが。

食べた後にしばらく雑誌を読んで意中の彼を誘惑する方法の勉強に取り組みました。



常々感じるのですが意中の彼を誘惑する方法の勉強をやり遂げた後は幸福感がありますね。

人生ぼーっとして過ごしていくこともできますが、何か目標を定められることをするのは気持ちのいいものです。

なすべきことがないとか目標が定まらないのでしたら、意中の彼を誘惑する方法の勉強は楽しいですよ。

能力が体得できるだけではないのです。

意中の彼を誘惑する方法の学習をとおしていろいろなことが得られます。



ではまだ残っている仕事を整理しておこうかと思います。

眠る前に体をほぐすと寝つきがよくなります。

身も心もリフレッシュして明日はまた意中の彼を誘惑する方法の勉強に気合を入れていこうと思います。

私が普段参考にさせてもらっているブログ

2007年6月28日木曜日

恋愛結婚と見合い結婚

最近、日本でおこなわれている結婚は、その成り立ちからいって、「恋愛結婚」と「見合い結婚」の二つに大別されます。

しかも最近では婚活なる結婚活動も流行っているそうですね。

しかし、もっと詳しく見ていくと、最近では、この両者のあいだに、実質的に大きな差はないといってよいでしょう。

こういうと、中には、「いや、そんなことはない。見合い結婚とは、封建時代からの慣わしで、見知らぬの男女を意図的に結びつけようとするものであり、当事者である男女が、おたがいの自由意志で結ばれる恋愛結婚とは、大きな差があるはずだ」と反論する人があるかもしれません。

たしかに、見合い結婚とは、「結婚は、家のために、家と家との結びつきとしておこなわれる」とされていた封建時代におこったもので、昔は、家柄や財産などを基準に親たちの手で結婚の相手が選ばれ、男女の親たちの間でだいたいの話がまとまったところで、当事者である男女に見合をさせ、結婚させたものです。

当人たちも、よほどのことがないかぎり、嫌とは言わずに従ったものだったそうです。

そのために、見合い結婚といえば、なんとなく古めかしく、人為的・作為的な感じがする人がいるかもしれませんが、憲法(第二十四条)にも、「婚姻は両性の合意のみに基いて成立」するとうたわれているので、質的・内容的に大きく変わってきているのです。